ファクタリングはクラウド契約を選べる!クラウド契約の特徴やメリットは?

事業資金を得るためのファクタリングですが、対面契約だけでなくオンラインのクラウド契約を選ぶという方法もあります。

クラウド契約には、どんな特徴やメリットがあるのでしょうか。

Web上で契約が完結するクラウド契約のファクタリング

クラウド契約のファクタリングは、手続きが全てWeb上で完結するのが特徴です。

ファクタリング会社のサイトにアクセスして申し込みをしたら、後はメールでのやり取りになります。

資金の振込や返却をするときにも、ファクタリング会社に行ったり、スタッフと直接やり取りをする事はありません。

ファクタリングでは審査に書類が必要ですが、その書類はスキャンしたり写真で撮ったものを送る事になります。

資金を得られるまでの期間が短い

対面契約のファクタリングを利用する場合は、ファクタリング会社に足を運んでやり取りをしなければいけません。

クラウド契約の場合は全てオンラインで完結するので、会社に行く時間を省けます。

そしてクラウド契約のファクタリング会社は、審査が短めという特徴もあります。

AIを導入して、機械で審査をする事が多いからです。

なので売掛債権の信用度などに特に問題がなければ、簡単に審査が終わってすぐにファクタリングを利用できるでしょう。

経費削減で手数料が安くなっている事が多い

クラウド契約のファクタリングは、直接対応したりサポートをするスタッフが必要ないです。

また審査にAIを使うため、審査をするスタッフも少なく済みます。

なのでファクタリング会社は人件費を削減できますが、その削減分は一部利用者に還元されます。

つまり手数料が安いです。

対面契約のファクタリングだと、手数料が2割くらいになる事があるかも知れません。

けれどクラウド契約だと、手数料を1割以下に設定しているファクタリング会社もあります。

まとめ:多くの資金を早く手に入れたいならクラウド契約のファクタリング

クラウド契約のファクタリングでは、引かれる手数料の額が少ないので、より多くの資金を得られます。

また短時間で資金を手に入れることができます。

なので、事業継続に余裕がなくて、より多くの資金がすぐに欲しいという場合はクラウド契約のファクタリングを利用すると良いかも知れません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です